更年期サプリには副作用があるの?サプリメントを飲むことで腎臓や肝臓に負担がかかるって本当?


更年期サプリには副作用があるの?

サプリメントによって更年期障害が緩和されると聞いたことがある人はたくさんいます。しかし、同時に気になるのは副作用ですよね。では更年期サプリには副作用があるのでしょうか。例えば、サプリメントを飲んだら腎臓や肝臓などの調子が悪くなったり、身体が不調になってしまったりしたという声をたび たび聞きます。一見サプリメントの副作用のように思われますが、実はそれらの症状は副作用とは違います。化学物質がたくさん含まれているサプリメントを一度にたくさん飲んだために起きた症状であることがほとんどです。

 

そもそもサプリメントに害はない

サプリメントにはそれぞれ用法や用量などが定められているので、それをきちんと守るようにすれば臓器に負担をかけることがありません。また、更年期サプリの場合、大豆イソフラボンやポリフェノールなど普通の食品に含まれているような成分が配合されているので、そもそも副作用というものは存在するはずがないのです。サプリメントは薬ではなく食品の一つであることを認識することが大事です。そのため、飲み忘れたからといって、一度に大量のサプリメントを飲むと当然胃にも負担がかかりますので、そのようなことは止めましょうということです。

 

サプリメントに含まれているマカについて

マカはホルモンの分泌に作用するので、一度にたくさん摂取するとそれだけホルモンバランスが乱れてしまうために、身体に異変をきたしてしまうことがあります。その結果、ニキビや吹き出物などの肌荒れが起きることもあります。どんなに有効な成分であっても多量摂取すると身体に害を及ぼして副作用のように感じてしまうので、きちんと量を守ることが更年期障害を改善するための一歩です。サプリメントには副作用があると口コミサイトに投稿している方は、このように大量摂取していた可能性が高いということです。

 

持病がある方はまずは医師に相談しよう

持病がある方や普段から薬を飲んでいる方は、サプリメントを飲む前に医師に相談するようにしてください。サプリメントを飲むことによって、薬の効果が発揮できない可能性もありますし、サプリメントの効果が半減する可能性もあります。サプリメントと上手に付き合うためには、毎日適量を飲むこと、そして良質のサプリメントを飲むことです。いくら安いからといっても、粗悪な更年期サプリを飲むとかえって身体に害を及ぼします。サプリメント選ぶときには、メーカーや品質などを確認してから購入するといいでしょう。